読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お願い、フォントをかえさせて

2015年秋、グラフィックデザイナーがウェブデザイナーになりました。

「私を構成する9枚」やってみた

トピック「私を構成する9枚」が流行っているようなのでやってみた!

f:id:emo_momomo:20160207192549j:plain

 

オール邦楽\(^o^)/

 

構成する、というより

ターニングポイントに聞いてた曲感が強いです。

そして、歳バレる←

まあ、タイムリーだったり、後から聞いたり、ばらばらなのであれですが。

 

 


L'Arc~en~Ciel snowdrop

単なる地味なオタクだった私が音楽に傾倒していった

きっかけになった曲(笑)

そう、わたしは完全にGLAY VS ラルク世代です←

まあ、今のアラサーはみんなどっちかは聞いてたんじゃないかな。

それくらい、今誰と言えないくらいの影響力があったんですよ。

あのおじさんたち、すごいかっこよかったんだから!←

 

わたしは、ラルクを好きにならなかったら、

私はバンドをやっていなかっただろうなぁというほど影響を受けました。

それが今や10年以上バンドやってるわけだからねえ。すごいよ。

はいどのカリスマ性にめちゃくちゃ憧れたし

高1のわたしは、てっちゃんに影響されて、赤いベースを買った(笑)

けんちゃんのつくる音楽はいつも刺激的だったし

ユッキーはそこらの中学生が知らないような大人な音楽を教えてくれた。(要するに打ち込み 笑)

わたしの人生で最もたくさん聞いたアーティストだと思うな!

 

 

plastic

plastic

高校3年終わりに、急にジャンヌにはまったのですが

この曲を聴きながら何回も泣いた曲。

高3の終わり。わたしは現役のとき、滑り止めの大学1校以外

すべて落ちたんですね。

バカなりに一生懸命に勉強していたのに、

それでも父親はそれまで以上に怒り狂っていた辛い1年だった。

(偏差値34とかなのに国立目指して夏終わりまで6教科やってたの…)

でも、その滑り止めもお金は払っていなかったから

みんなは大学生になり、わたしは置いていかれるという状況に。

父親には毎日詰められ、働けと言われる。

浪人することが決まったら決まったで成績で詰められました。

この曲があったから、浪人生活がんばれたのかなと思う。そんな曲。

 

「傷ついて そして つまずいて 涙流して そして人は大人になれる」

「見たくない事に瞳を向けなきゃ 太陽は照らしてくれないと思う」

という歌詞がめちゃくちゃ刺さったし、救われた。

歌詞が本当にいいのでぜひ聞いてほしい!

http://j-lyric.net/artist/a000725/l004885.html

 

 


JUDY AND MARY - motto

JUDY AND MARYです。今は亡き伝説のバンドですよ!(メンバーはみんな現役)

女子ボーカル+男楽器隊という編成のバンドの根源とも言えるバンド。

ジュディマリは本当にカリスマ性があったし、YUKIは女子の憧れでした。

(と言いつつわたしの周りには好きな子いなかったけど…)

 

そしてなぜ終盤のmottoなのかというと

それまでもたぶんカラオケとかでは微かに歌ってたと思うのですが

mottoの余りのかっこよさに、惚れたのです!

それまではもうちょっと可愛い感じで、

mottoから最後のラッキープールはちょっと違ったんです。

理由は忘れちゃったけど、恩田さんとTAKUYAのあれこれかな?←

とにかくわたしは、WARPのあまりのかっこよさに惚れました!

それからベースじゃなくてボーカルだわ!となった曲。

 

 

 


ASIAN KUNG-FU GENERATION 『或る街の群青』

今、好きなバンドを聞かれたら真っ先に答えるアジカン

アジカンを好きになったきっかけは、鉄コン筋クリートなんですね。

確かエンディングだったかな…に流れていて。

鉄コン筋クリートは、今でも好きな映画1、2位を争うくらい好き!

鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]

鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]

 

 

それまでって比較的盛り盛りの音楽が好きだったんですね。

ボーカル、ギター、ベース、ドラムだけじゃなくて

キーボードもストリングスもあれもこれもいるような音楽ばかり聴いてて。

でもアジカンはすごくシンプルなんですよ。

普通ストリングスとかキーボードでやりそうなこともギターでやりきる。

バンドをやってたからこそ、その魅力が理解できたのかもですが。

 

それに歌詞がとても好きで、

なんとなく自分の世界観に近いなぁと思って。

ちょうどその頃は曲作りもしていたし、歌詞も書いていたので

だからすっと入ってきて、わたしが求めてたのはこれだぁ!と。

もっと早く知って好きになっていたかったバンドNo.1!!

でも、好きなひと周りにいなかったんだよね。。

 

 


UVERworld『CHANCE!』LAST TOUR2010 at 代々木第一体育館

※4分くらいから始まります

CHANCE!がというよりはTimelessが、という感じなのだけども。

これは、わたしが大学と専門をWスクールしていた頃に聞いていたアルバム。

専門入ったときも、美術部はおろか、選択授業さえ音楽だったわたしが

デザイナーを目指すという無謀な挑戦を始めたとき、

周りはみんな美術部だったり、もともと絵を描いてたりして

最初わたしはクラスでも底辺の成績だったんですね。

大学の授業受けてすぐ専門行って課題して…って生活も辛くて。

バイトも行けないし、貯金も全部学費に使っちゃったからお金もないし。

そんな辛いときに、大学から専門まで歩きながら聞いてた。

ある日雨が降ってて、傘さしながら裏通り歩いてたのですが

その光景がすごく浮かぶのです。

だからUVERworld聞くとその頃のこと思い出して、

今デザイナーとして自信持って仕事してる自分を

あの頃の自分に見せてあげたいと思います。

まぁ、思い描いてたほど大物にはなれなかったけどね(⌒-⌒; )

 

 


嵐-We can make it

突然のアイドル(笑)

何を隠そう、わたしは嵐ファン?ですから。

もうCDとか買っていないけど、ずっとCD・DVD買ってました。

今でも曲とか大好き!わたしの癒し💓

 

ところで、なんでwe can make itなのかと思うかもしれませんが

UVERworldに続き、専門時代に腐るほど聴いてた曲です。

We can make itって確か「やればできる」という意味なんですね。

で、サクラップの中に「DREAM と書いて 目標と読む」という歌詞があって

音楽を挫折して、デザイン業界を目指すことにしたわたしが

デザインは夢じゃなくて目標にして、現実のものにしようと誓った

その心境にぴったりだったんですよね。

というわけでCDジャケット制作の課題でもWe can make itを作りました。

f:id:emo_momomo:20160207181255j:plain

f:id:emo_momomo:20160207181312j:plain

作ったの、学制のときだから拙いな!ってところもあるけど

わたしの中では自信のある作品。

仕事と違って自由にやってたしね。

家の駐車場でこれ撮影したの懐かしい。(茶色いの駐車場の塀w)

 

 


baroque - グラフィックノイズ

baroqueのsug lifeというアルバムがあるのですが

それが大好きで、めちゃくちゃ聞いてました。

baroqueってネオビジュアル系のオサレ系っていうジャンル?を作った

革命児みたいなバンドだったんですね。すごい若かったし!

例えば、マリスミゼルみたいなのが主流だったビジュアル系に

原宿系みたいな服装でライブする変わった人たち、みたいな。

白目ばっかりコンタクトとか初めてやったのは怜くんだったのではなかろうか。


バロック (baroque) - あなくろフィルム 【PV】


Baroque Cherry King PV

かっこよかったのだよー!ほんとうに、

電車で圭ちゃんに会った時はそのオーラに圧倒されるくらい。

地元が近いので、友達の友達で「紹介してあげるよ^^」とか言われましたが

速攻断りました。無理、こわい←

 

で、それまではそんなビジュアル系!って感じの曲だったのだけど、

sug lifeから打ち込みがめちゃくちゃ増えてすごいかっこよくなったのです!

しかし、バンギャたちの中では非難轟々^^←

そりゃあなくろフィルム聞いて咲いてた人たちが

sug life聞いたらふざけんな!ってなるよね。。

わたしは根っからのバンギャではないので、sug lifeめちゃくちゃ好きだったけど…

 

もともと、なんだろう、ジャニーズでいうKAT-TUNみたいな人たちだったから

その後のなんかかんやで転落していった←

作る曲とかめちゃくちゃいいので、残念すぎる。。

今は若者2人(といってももう30オーバーだけど)がやってます。

BAROQUE OFFICIAL SITE

 

 


この涙を君に捧ぐ 《NO NAME》 / AKB48[公式]

急にオタク感出してごめんなさい。

佐藤亜美菜がわたしを形成してると思ったので入れました!

佐藤亜美菜は3番目に出てくるハーフツインの子)

 

わたしが亜美菜を好きになったのはたぶん2013年だと思う。。

友達にまなやん(わたし)が好きそうなAKBの子いるよと勧められて、

亜美菜のいろいろを教えられどハマりしました!

見た目もだけど、当時の服のセンスとか、毒舌?なところとか

とにかく面白いところが好き。飽きない!

 

そしてNO NAMEはAKB0048というAKBをモデルにしたアニメの

主人公たちを演じた声優選抜のメンバーで組んだユニットです!

9人の中からすでに、3人がプロの声優になりました。

亜美菜はその3人のうちです。今ではアイマス声優だよ!

ラジオ「この世に小文字はいりません!(略してよにこも)」聴いてね(宣伝) 

佐藤亜美菜のこの世に小文字はいりません!|AM1422kHzラジオ日本

 

 


LOVEずっきゅん 【PV】 相対性理論

最後はこちらー。

今のバンドサークルに入って、わたしの歌に革命を起こした

相対性理論のLOVEずっきゅんです。

これまで非常に正統派な歌い方?だったわたしが

「もっと可愛く!」とか「もっと萌える感じに!」とか

周りにプロデュースされて?

自分の新たな魅力を引き出してもらった曲。

とりあえず死ぬほど歌ったわこの曲。というか相対性理論を(笑)

わたし=相対性理論という時期があって

けっこうたくさんコピーしたなあ。今ではわたしも大好きです!

 

 

 

以上、9枚でした!

なんか人生ごと振り返ってしまったなー

いい機会になった^^

まあ、要約するとわたしの音楽は

バンド バンド ビジュアル系 アイドル バンドってことですね。

そういう人間です。どうぞよろしく(笑)